睡眠は美肌の最高の美容液!質の高い睡眠のために欠かせないこと、それは…

美肌をつくるため、美肌を保つため、お肌に適切なスキンケアで補い、お肌に必要な栄養も十分に摂って…これで完璧!と思い込んでいる人って、わりと多いですよね。

でも、中には十分なケアをしていても、肌トラブルが解消されない人もいるのではないでしょうか。

私たちのお肌は、常に新しい細胞へと生まれ変わっています。

その過程において必要なことは、肌細胞が活性化されるような体内環境を整えてあげることが大切です。どんなに適切なスキンケアをしていても、お肌に栄養が行き渡っていなかったらどうでしょうか?

いつまでもお肌に残っている古い細胞をケアしても、効果は期待できませんよね。

お肌の再生・修復メカニズムが、一定のリズムでスムーズに働くような環境でなければなりません。お肌に栄養や酸素が行き渡るように、また代謝で発生した老廃物や毒素を排出させるような血行でなければなりません。

それに、体内の活性酸素を増やしたり、ホルモンバランスを乱すようなストレスからも守ってあげなければなりません。

そのストレスの1つに『睡眠不足』があります。

美人は夜作られる」とか、「睡眠は最高の美容液」という言葉を、一度は聞いたことがあると思いますが、それだけ睡眠とお肌には深い関係にあるのです。

例えば、夜更かしをして睡眠不足が続いたりすると、お化粧のノリが明らかに違いますよね。

いつの間にかシミが濃くなってしまったり、ニキビができてしまった…という経験は、誰にでもあることだと思います。お肌が睡眠不足をストレスに感じ、反応しているからなんですよね。

でも、睡眠さえしっかりとればいいという問題ではなく、お肌のゴールデンタイムと言われる22時~夜中の2時という時間帯がポイントです。

その時間帯は、睡眠の質を高める「メラトニン」というホルモンと、美肌づくりに必要な「成長ホルモン」の2つのホルモンが最も盛んに分泌され、体だけではなくお肌のメンテナンスが行われている時間帯なのです。

「1日の疲れが翌朝にはすっきり取れた!」という経験は誰にでもあることだと思いますが、それはこのゴールデンタイムで、体が上手くリセットされたからなんですよね。

 

よく就寝前の食事はよくないと言われるのは、睡眠時間に胃腸を休めることも必要だからなのです。

せっかくの体のメンテナンスの時間帯に、胃腸は休むことなく食べた物の消化や吸収に追われ、酵素や酸素も消化・吸収を優先に使われてしまい、血液中は汚れたままで、肌細胞の分裂や修復に必要な酸素や栄養も届きにくく、老廃物の回収もされなくなってしまいます。

メラトニン成長ホルモンは、血液によって全身に運ばれるわけですから、運ばれやすい血管環境が必要ですよね。
それに、肝臓も吸収された栄養を分解・合成・解毒に働かされ、美肌に必要な働きが後回しになってしまいまうからです。

肌トラブルが解消されない人は、自分の『睡眠不足』というストレスと、睡眠のとり方を見直した方がいいでしょう。