もう迷わない!クレンジング種類別特徴・選び方・使い方まとめ

スキンケアといえば、ローションや美容液に目がいってしまいますが、実は、クレンジングがとても重要って知っていますか?

クレンジングをひとつ間違うと、敏感肌やトラブル肌の原因になってしまうんです。クレンジング選びで肌のコンディションが決まる!といっても過言ではありません。

ということで、こちらでは、クレンジングの種類や違いについて詳しく紹介します。

あなたにピッタリのクレンジングをみつけて、ピカピカのすっぴん肌を手に入れちゃいましょう!

 

クレンジング種類別【特徴・メリット・デメリット】

クレンジングの種類は、油分・水分・界面活性剤の割合の違いでテキスチャーによって分けられ、それぞれ特徴や違いがあります。

こちらでは、一般的なクレンジングタイプを5つに分けました。

 

オイルタイプ

ウォータープルーフのファンデやこってりメイクでもサッと落とせて、さっぱりした爽快感が魅力のクレンジングオイル。

メイク汚れは油性なので、オイルタイプのクレンジングと相性がいいんです。でも洗浄力が高いので、肌の乾燥を招くデメリットが。

 

ジェルタイプ

しっかりしたテクスチャーで、肌への摩擦が抑えられ使いやすいタイプです。温めて汚れを浮かすホットジェルも人気です。

一口にジェルといっても、油性タイプ、オイルフリータイプなど様々。商品によって中身はほとんどオイルタイプで、界面活性剤配合高めのものもあるので、乾燥しやすいものもあるので要注意です。

 

クリームタイプ

洗い流すタイプと拭き取るタイプがあります。メイクとなじませるのに時間がかかったり、ティッシュオフが面倒というデメリットがあるものの、肌への負担が少ないクレンジングの一つです。

仕上がりもしっとりしますが、ベタつきが苦手という人もいるので、好みが分かれるタイプです。

 

リキッド・ウォータータイプ

洗い流すタイプと拭き取るタイプがあります。洗浄力もありサラッとした使用感が人気です。

拭き取りタイプには、その後の洗顔やスキンケアも不要のタイプもあり、忙しい女性の強い味方に。

しっかりメイクには不向きなので、軽いメイクの時におススメ。また、拭き取りタイプはこすり過ぎに注意です。

このサイトでご紹介しているビオデルマが、こちらのリキッド・ウォータータイプ。

疲れきって帰宅した後のメイク落としや、1分1秒を争う超多忙な朝のスキンケアで、このビオデルマのクレンジングウォーターが大活躍!詳細は、こちら

 

ミルクタイプ

乳液のようなトロリとしたテキスチャで、クレンジングの中では最も肌にやさしいタイプです。保湿効果が高いですが、洗浄力は低めで、しっかりメイクには向いていません。

敏感肌や乾燥肌の方におすすめですが、商品の中には肌に負担がかかるものもあるので「ミルクタイプ=肌にやさしい」という過信は禁物です。

 

その他(シートタイプ/バームタイプ)

クレンジング剤をシートにしみ込ませているシートタイプもポピュラーですね。

旅行先や疲れてメイク落としするのが面倒な時に大活躍のアイテムですが、配合成分や拭き取る摩擦が肌に負担をかけるので、普段使いにはおすすめできません。

また、最近は肌に伸ばすとオイル状のようになるバームタイプのクレンジングもあります。使用感はクレンジングオイルと似ていますが、肌への負担は少なめです。

ざっとクレンジングの種類を分けましたが、商品によっては「ジェルだけど成分はほとんどオイル」など違いがあいまい。選ぶ時は成分表も見ると安心ですよ。

 

クレンジング選びのポイント

クレンジングは下記のポイントを押さえて選びましょう。

  • メイク(特にベースメイク)に合わせて選ぶ
  • 自分の肌タイプに合ったものを選ぶ

 

クレンジングはメイク(特にベースメイク)に合わせて選ぶ

クレンジングは、アイメイクなどポイントメイクを基準にすると、洗浄力が強いものを選ぶことになってしまいます。メイク落としは一度で済むと楽ですが、「落ちやすさ」は肌への刺激につながり、肌トラブルの原因に。

ポイントメイクは専用のリムーバーを使い、ベースメイクには肌にやさしいクレンジングを選びましょう。

コンシーラーやリキッドファンデなど、しっかりメイクにはオイルタイプやジェルなど洗浄力が高いものをチョイス。パウダリーファンデやBBクリームなど薄いメイクにはクレンジングウォーターなど軽めのクレンジングがベストです。

また、1本で使いまわすのではなく、しっかりメイクの時、ナチュラルメイクの時という具合に何点かを使い分けるのもコツですよ。

自分の肌タイプに合ったものを選ぶ

肌タイプ別のおすすめのクレンジングは、一般的に次のようになるでしょう。

乾燥肌/敏感肌の人 → ミルクタイプ・クリームタイプ
普通肌の人 → オイルタイプ・ジェルタイプ
脂性肌/ニキビ肌の人 → ジェルタイプ
インナードライ肌の人 → 水・リキッドタイプ・ジェルタイプ

 

クレンジングの正しい使い方

クレンジングは、メイク汚れとよくなじませて落とすのがポイント。

クレンジングオイルなど手早く落ちるのもはすぐすすぎたくなりますが、しっかりメイクと乳化させてから洗い流さないと目に見えない汚れが残ってしまいます。

指がスッと軽くなったり、クレンジングが白っぽくなるまで肌の上でクルクルマッサージするようにしましょう。

クレンジングは適量を守りましょう。

量が少ないと摩擦で肌に負担がかかってしまいます。時間は1~1分半以内に手早く済ませます。

すすぎは33~34度ぐらいの少し冷たいと感じるぬるま湯で、しっかり汚れを洗い落とします。お湯の温度が高すぎると肌が乾燥してしまいますし、冷たすぎても油性の汚れが肌に残ってしまいます。

拭き取るタイプは、ゴシゴシこすってしまうとシワやシミ、色素沈着の原因になるので、やさしくなでるようにオフしましょう。

まつエクをしている人は、オイルタイプや油分が高いジェルタイプは基本的に避けた方がいいです。オイルタイプでもまつエクOKのものもあるので、パッケージや公式サイトをチェックしてみてください。

まとめ

  • クレンジング選びは、「メイクの濃さ」と「肌タイプ」で選ぶ
  • ポイントメイクには専用リムーバーを使って肌への負担を減らす
  • メイクや肌の状態に合わせ何種類かを使い分けすると◎

クレンジングは、値段やブランドで安易に選んでしまわず、主成分をチェックしたりトライアルを試しながら、ピッタリのクレンジングを選ぶことがポイントです。

肌にピッタリのクレンジングで、すっぴんで勝負できる美肌を目指しましょう!

参考記事:
ビオデルマ クレンジングウォーターの口コミと効果。

イドラビオ拭き取りクレンジンウォーターの口コミ

セビウム拭き取りクレンジングウォーターの口コミを徹底レビュー。