日焼け止めの選び方とは?正しい選び方をご紹介!

紫外線が気になる季節になると、日焼け止めを使う機会が増えてきますよね。

日焼けを防止して、美白を保つために気を使っている方も多いと思いますが、実は日焼け止めは、「ただ日焼け防止効果が高ければよい」というものではないことをご存知でしたか?

今回は、なぜ日焼け止めが必要なのかと、日焼け止めの正しい選び方についてご説明いたします。

 

そもそも、日焼け止めはなぜ必要?使う際の注意点とは?

日焼け止めを日常的に使っていても、具体的にどんな効果があるのかまでは、なかなか知る機会はありません。

ここでは、日焼け止めの必要性と、使う際の注意点をご説明いたします。

日焼け止めはなぜ必要?

日焼け止めは、紫外線からお肌をブロックしてくれる役割があり、紫外線が原因のシミやしわを防ぐためには欠かせません。

地表に届く紫外線には2種類あります。

UV-A波
地表に届く紫外線のほとんどが、このUV-Aと言われています。

UV-Aは、次にご説明するUV-Bに比べ、お肌へのダメージはゆるやかです。
しかし、UV-Aは、お肌の表皮のさらに奥の真皮や基底層と呼ばれる層まで深く達してしまい、お肌の若々しい弾力のもととなる「コラーゲン」や「エラスチン」などを傷つけます。

また、一部は「メラノサイト」という、メラニンを作り出す工場となる組織を活性化させ、シミの原因にもなります。

 

UV-B波

(地域別・月別のUV-Bの強さ)

UV-Bは、先に説明したUV-Aよりはお肌の深い層まで達することはあまりありませんが、肌ダメージが強力で、炎症や日焼けの原因となります。

一度に肌がダメージを強く負ってしまうと、肌を紫外線などの刺激から守るためにメラニンが過剰に生成されます。

メラニンが過剰に作られると、通常であればターンオーバーで落ちていくメラニンが、きちんと落ち切らずに色素沈着し、シミとしてお肌に残ってしまいます。

美容の大敵であるこれら2種類の紫外線からお肌を守るためには、日焼け止めが効果的でおすすめです。

 

日焼け止めを使う際の注意点

せっかく日焼け止めを使っていても、間違った使い方をしていては意味がありません。
日焼け止めは、以下の点に注意して使用します。

●過剰に紫外線ブロック効果の高い日焼け止めを使わない
過剰に防御率の高い日焼け止めを使うと、かえって肌荒れの原因となることもあります。これについては後ほど詳しくご説明いたします。

●数時間ごとに塗りなおす
日焼け止めは一度しっかり塗っても、時間がたてばブロック効果が薄くなったり、汗で流れてしまったりします。
数時間ごとに塗りなおすことで、きちんと紫外線ケアすることが大切です。

●ごしごしと塗りこまない
摩擦は肌にダメージを与え、シミやしわができやすくなります。
日焼け止めは必要量をしっかりと使い、塗る時には強く擦ることはやめましょう。

●くもりの日や夏以外の季節にも使用する
くもりの日は太陽の光をあまり感じないので、ついつい紫外線ケアを怠りがちです。また、冬場などは夏場に比べ紫外線を意識することが多くありません。

しかし、紫外線はくもり空でも冬でも関係なくしっかりと地表に降り注いでいますので、季節や天気ごとに紫外線量は違うとはいうものの、年中日焼け止めは必須です。

 

日焼け止めは、使用シーンに応じて選択が必要

日焼け止めは、使用する目的に応じて選ぶことが大切です。
例えば、車で出かけ、屋内のショッピングモールで買い物をするという目的の時に、「SPF50、PA+++」という強力なブロック効果のある日焼け止めを使うことは「過剰」と言えます。

日焼け止めは効果が高いほどいい、と誤解をして使っていると、知らず知らずのうちにお肌に負担をかけてしまうことになります。

日焼け止めの「SPF」と「PA」表記について、簡単に説明いたします。

 

SPFとは?

Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略で、UV-Bに対する防御率を示しています。

考え方としては、通常20分で日焼けをしてしまうところを、SPF30ではその30倍、つまり30×20=600分 まで、日焼けする時間を遅らせられるというものです。
効果の高いものを使用すれば、それだけお肌への負担がかかります。

日常生活では、600分(10時間)以上も紫外線に当たることはありませんので、SPF10~20程度あれば十分と言えます。

この数値は、紫外線をSPF30なら30倍ゆるやかな刺激にしてくれるだけですので、炎天下のマリンスポーツなど強い紫外線をあびるときは、たとえ短い時間でも「SPF50」など強力な日焼け止めを使用しましょう。

 

PAとは?

Protection Grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)の略で、UVAに対するブロック効果を示しており、以下の4段階で表されます。

●PA+   …効果がある
●PA++   …かなり効果がある
●PA+++  …非常に効果がある
●PA++++  …極めて高い効果がある

日常生活ではPA+、PA++程度で十分で、野外の炎天下で活動する場合のみ、PA++++などの強力な日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めを選ぶ際は、「どのくらいの時間、どれくらいの強さの紫外線を浴びるか」に応じて、必要最低限のブロック効果がある日焼け止めを選び、こまめに塗りなおすことが美白への近道です。

ここでは、一般的な例をご紹介いたしましたが、SPF50など強力なブロック効果があっても、スキンケアを両立しているようなタイプもありますので、選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

 

お肌に合った日焼け止めを使おう

SPFやPAなどの目安によって日焼け止めを選ぶのも大切ですが、最も大切なのは、自分のお肌に合っている日焼け止めを選ぶということです。

日焼け止めには、いくつかタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

○クリームタイプ
化粧下地を兼ねているものもあり、保湿をしっかりしたい人向けです。
油分が多く落ちにくいため、落とす際はクレンジングなどが必要で、お肌に伸ばす際も伸びがあまりよくない物も多くあります。

○ミルク(乳液)タイプ
刺激は弱く伸ばしやすい一方、カバー力が弱く落ちやすいという欠点があります。
敏感肌の方にはおすすめです。

○スプレータイプ
手が届かない場所にもきちんと塗りたい、という方に人気があります。
最近は髪の毛についても問題のないタイプも多いため、カバー力の高いほかの日焼け止めと併用するのがおすすめです。

○ジェルタイプ
伸びが良く、べたつかないのが特徴です。
ジェルタイプの日焼け止めは、刺激の強い紫外線吸収剤(紫外線を熱エネルギーなどに変換し、お肌を守る成分)を使用しているものもありますので、敏感肌の方には注意が必要です。

この特徴の限りではなく、様々な日焼け止めがありますので、自分にぴったりの日焼け止めを見つけてみてくださいね。

特に化粧下地タイプは、毎日必ず使うものでもありますので、きちんと試してお肌に合うものを選ぶことをお勧めします。

 

まとめ

なにげなく選んで使用している日焼け止めでも、なぜ日焼け止めが必要なのか、どういう選び方をすればよいのかは、あまり知る機会がありません。

正しい知識をつけ、自分にぴったりの日焼け止めを選択することで、美しい白いお肌を守ることが出来ます。

ぜひ今回ご紹介した知識を生かして、日焼け止め選びをしてみてくださいね。