意外と知らない?身体の内側からキレイを造るくるみの効果

意外と知らない?身体の内側からキレイを造るくるみの効果

パンやチョコレートで口にする機会があるほかは、日常的な食生活であまり縁のないくるみ

でも、このくるみが、アンチエイジングダイエットに効果があると、秘かな話題になっています。

一般的にナッツ類は、カロリーが高くダイエットに不向きなイメージがありますが、くるみに含まれる脂肪分は、不飽和脂肪酸といって、身体に良いといわれているもの。

悪玉コレステロ-ルを減らして善玉コレステロールを増やす「オメガ3」と、コレステロール値の低下を助け、生活習慣病の予防にも効果的な「オメガ6」のどちらもが含まれているのです。

くるみに含まれる成分「オメガ3」ってどんなもの?

くるみに含まれる「オメガ3」は、「ALA(アルファリノレン酸)」といって、必須脂肪酸のひとつ。サバなどの青魚に多く含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」や「DHA(ドコサヘキサエン酸)」もこの仲間になります。

参考記事:
ナッツ類でダントツ1位!くるみのオメガ3脂肪酸含有量

血小板の凝集を抑えたり、血管をしなやかにして血行をよくしたりする働きがあるほか、神経細胞の活性化やアレルギーの抑制効果なども期待できます。

ところが、これらは、人間の体内で合成することができないため、食事などから摂取しなければ補うことができません。

体内で不足してしまうと脳や神経、皮膚などに異常が現れるとして積極的な摂取が必要なため、必須脂肪酸に位置づけられています。

ただ、「オメガ3」を効率よく摂取するには、ガンマリノレン酸や、リノール酸を元に体内で合成されるアラキドン酸などを含む「オメガ6」とのバランスが大切。

くるみは、その黄金比率とされるバランスで、「オメガ3」と「オメガ6」を含んでいるのです。

そのほかにも、炭水化物やたんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維なども多く含まれているので、腸内環境の改善や新陳代謝の活性化にも効果があるといわれています。

そのため、生活習慣病動脈硬化など健康面での予防効果だけでなく、アンチエイジング美肌などの美容の効果やダイエット効果も高いとされています。

参考記事:
くるみは栄養バランスのよいスーパーフード!

 

くるみの効果的な摂取方法

どんなに身体にいいからといっても、摂取のしすぎはかえって身体に悪影響を及ぼします。

くるみの場合は、100グラムあたりおよそ700キロカロリーと高カロリーなので、食べ過ぎると余った脂肪分が体内で蓄積されて肥満のもとになってしまいます。

一日の摂取目安である25グラムを超えない範囲で、料理に使ったり間食時のおやつにしたりして、毎日食べ続けるように心がけましょう。

ちなみにくるみ25グラムとは、可食部がてのひらにのる程度の量になります。

参考記事:
くるみの食べ過ぎには注意が必要。1日に食べて良い目安量を紹介

一日でみると摂取量が少ないようにも感じますが、くるみは固いのでよくかまなければならず、少量でも自然と満腹感を得られます。そのため、おやつなどで口にすれば小腹を満たすことができ、食べ過ぎを防いでくれますよ。

クルミが持つ本来の効果に加え、満腹感で食事量をムリなく減らしていけることも、ダイエット効果に一役買っているのかもしれませんね。一日の摂取量を守り、毎日続けていくことが大切です。

ただひとつ気をつけたいのが、販売時に添加されている油分や塩分。せっかく身体のためにくるみを摂取していても、脂分や塩分が高ければ、かえって身体によくありません。

クルミを購入するときは、無添加や無塩のものを選ぶようにしましょう。

また、クルミに含まれるアルファリノレン酸は酸化しやすいため、保存方法も要注意。酸化した油は身体も酸化させてしまうので、動脈硬化の原因になったり、しみやシワの原因になったりと、老化を早めてしまいます。

くるみは数日で食べきれる程度の量を購入して密閉性の高い容器に入れて保管するか、殻のまま購入して、食べる直前に殻を割るようにしましょう。

 

毎日食べて体の中からキレイになる

心血管疾患の予防に効果的なくるみ。血液中の老廃物が排出されて血流がスムーズになれば、酸素や栄養素を十分に取り込むことができます。

また、必要な栄養素が全身に滞りなく行き渡ります。肌をつくる角質細胞にもじゅうぶんな酸素や栄養素が届くので、細胞レベルでの美肌効果を得られます。

血行がよくなれば、肌ツヤもきれいになりますよね。血管自体を若々しく保ってくれるので、身体の内側から“キレイ”を造ることができます。

「くるみのまま食べるのは味気なくてどうも苦手」という方には、料理やおやつに和えるのがオススメですよ。

たとえば、味噌、砂糖、みりんを鍋に入れ火にかけてからよく練ったものに、煎ってから荒く刻んだくるみを混ぜ合わせれば、ごはんによく合う一品になります。

また、すり潰したくるみをいつもの和え物にまぜれば、いつもとは違う風味を楽しむこともできます。間食にチョコレートを食べたいとき、くるみをのせてもいいですね。

ちょっとしたアレンジ次第で、料理にも大活躍のくるみ。上手に取り入れながら毎日の摂取を心がければ、身体の内側から健康的な美しさを手に入れることができますよ。

 

参考記事:
くるみの効果・効能