ビューティーオープナーのローションとクリームの口コミ。実際に試してみた!

最近ハリがなくなって…

お肌のハリの素と言われる「Ⅲ型コラーゲン」。実は、このコラーゲンは、25歳前後を境に減少を続け、様々なエイジングサインを引き起こす要因になっているようです。

そんなⅢ型コラーゲンの働きをサポートする成分として、今、「卵殻膜」が注目の的。そして、この卵殻膜エキスをたっぷり含んだビューティーオープナーのローションとクリームが大好評。

実際、

  • これからも続けたい:93.8%
  • 変化を感じた:83.8%

と、ビューティーオープナーご愛用者様アンケートでも、口コミの評価が高いようです。

でも、本当なの?という疑問が湧いてしまうのも、事実。

そこで、ここでは、管理人の私がビューティーオープナーを実際に試してみた口コミと、ネット上の口コミも客観的な目でレビュー。実際のところどうなのかを辛口に評価してみました。

 

ビューティーオープナー シリーズの簡単まとめ

卵殻膜の効果をより高く実感したい方へ。
お肌のハリの素『Ⅲ型コラーゲン』の生成をサポートする「卵殻膜」。

アルマード・東京大学・東京農工大による約10年に渡る共同研究から、この「卵殻膜」がⅢ型コラーゲンの働きを補うことが解明されました。

洗顔後に、ビューティーオープナー(美容液)の高濃度卵殻膜エキスをしみ込ませ、浸透力をアップ!
そして、ビューティーオープナー ローションクリームに含まれた美肌成分をたっぷり行き渡らせて下さい。

効果が見える素肌が楽しみですョ!

 

濃いまま深く入るビューティーオープナー ローション
ビューティーオープナー ローションには、カルノシン、金、プラセンタエキス、セラミドといった美肌成分が!

加えて、これらの美肌成分を肌へしっかり行き渡らせる「モイストデリバリー処方」の採用で、グングンと深く入って実感を高めます。

 

そして、ビューティーオープナー クリームでスキンケアの総仕上げ!
美容液ローションで「卵殻膜」をはじめとする美容成分をお肌へ深く行き渡らせたら、このビューティーオープナー クリームで最後の仕上げ!

美肌成分を留まらせ効かせるためには、逃げないように閉じ込めてまもる”クリームでスキンケアの総仕上げ”が効果的。

卵殻膜に加え、エラスチン、プロテオグリカン、セラミドなどの美肌成分を与え、効率よく、ハリの素のⅢ型コラーゲンの働きをサポート。

“変わる”を実感して下さい。

 

口コミ:ローションとクリームを試してみた!

実際に、ビューティーオープナーのローションクリームを試してみたので、口コミします。

まず、定番の記念撮影です。↓↓↓では、左側がビューティーオープナーのクリーム、右側がローションになります。

ローションもクリームも、結構、おしゃれな容器に入っていますね。

 

ビューティーオープナー ローションのテクスチャー

それでは、まず、ビューティーオープナーのローションから使用感やテクスチャーを口コミしていきますね。

ローションは、少しトロミがありますが、とても柔らかいです。本当は、手の甲に500円硬貨大の量を取ろうと思ったのですが、↓↓↓のように親指方向に簡単に流れていきました。それくらい柔らかいローションです。そして、伸ばしていくと、とても柔らかく、簡単に↓↓↓のようにスーっと伸びていきます。

これだけで、手の甲は、スベスベ・もっちり。でも、ベタツキはありません。

肝心のニオイですが、多くの方が口コミしているように、独特のニオイがします。

ローズマリー、レモングラスなどの天然エッセンシャルの香りのような感じもしますが、漢方?ジンジャーのニオイ?と言われるとそうかも?といったニオイです。

上手く表現できませんが、確かに独特のニオイがして、多分、個人によって好みが分かれると思いました。

私は、それ程気にはなりませんでしたが…

 

ローションの使い方

ローションの使い方ですが、一番のおすすめは、洗顔後、まず、ビューティーオープナー美容液をブースターとして先に塗り、次にローションを塗ってその浸透力を高めます。

ローションは、朝・夜のお手入れに使えます。使用量の目安は、500円硬貨大。

洗顔後、ローションをコットンに含ませ、滑らせるように顔全体になじませます。その後、パッティングで顔の隅々までこのローションを行き渡らせます。乾燥の気になるところは重ね付けを、最後は手の平全体を使って肌を落ち着かせてください。

<基本的な使い方>

<特別な使い方:肌がカサついているなど>

 

ローションの全成分

ビューティーオープナー ローションの全成分は次のとおりです。

全成分:
水・BG・グリセリン・PEGー60水添ヒマシ油・加水分解卵殻膜・PCAーNa・キサンタンガム・クエン酸Na・ヒドロキシプロピルシクロデキストリン・アオモジ果実油・ニオイテンジクアオイ油・レモングラス葉油・ローズマリー葉油・クエン酸・ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル・カルノシン・スクワラン・フランスカイガンショウ樹皮エキス・リン酸アスコルビルMg・加水分解ヒアルロン酸・水酸化K・イソステアリン酸・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液・水添レシチン・ビート根エキス・(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン・エーデルワイスカルス培養エキス・ダイズステロール・ハベルレアロドペンシス葉エキス・リンゴ果実培養細胞エキス・セラミド3・プルーン分解物・メチルグルコシドリン酸・セラミド2セラミド6Ⅱ・酵母エキス・トチャカエキス・加水分解エラスチン・加水分解サンシキスミレエキス・加水分解コラーゲン・(リシン/プロリン)銅・イソステアロイル加水分解コラーゲン・サッカロミセスセレビシアエエキス・オリーブ葉エキス・水溶性プロテオグリカン・ローズマリー葉エキス・アマチャヅル葉エキス・プラセンタエキス水溶性コラーゲン・セルロースガム・炭酸水素Na・レシチン・ヒアルロン酸Na・白金・金・フェノキシエタノール

不使用成分:
合成香料、合成着色料、旧表示指定成分、鉱物油、アルコール不使用

 

当然ですが、このローションにも卵殻膜エキス(詳細は、こちらをご覧ください)が配合されています。

その他にも、スクワラン、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、プロテオグリカン、プラセンタエキスといった保湿成分・美容成分がたくさん含まれています。

 

ビューティーオープナー クリームのテクスチャー

では次に、ビューティーオープナー クリームについて口コミします。

蓋を開けると、↓↓↓のようにスパチュラが入っています。

さらに中蓋を開けると、結構柔らかそうな茶色みを帯びたクリームが入っています。

適量をスパチュラですくって、

手の甲に付けて、

伸ばすと、ローションと同じようにスーっと伸びていきます。

こちらも、ローションと同じような独特のニオイがします。美容液やローションよりニオイが強いかも…

伸ばしたときは、少しベタつく感じがしましたが、少し時間が経つとスベスベになります。

 

クリームの使い方

↓↓↓の図の説明にあるように、こちらのクリームも朝・夜のお手入れに使えます。

ローションでお肌を整えた後、スパチュラで適量(パール粒大)をとり、顔全体に馴染ませます。

最後は、手の平全体を使って肌を優しく落ち着かせます。特に乾燥が気になる部分には重ね付けしてあげてください。

<基本的な使い方>

 

<特別な使い方:週末のケア、いつもより肌の乾燥を感じるなど>

 

クリームの全成分

ビューティーオープナー クリームに含まれている全成分は次のとおりです。

全成分:
水・BG・グリセリン・エチルヘキサン酸セチル・トリエチルヘキサノイン・スクワラン・水添ナタネ油アルコール・ジメチコン・ステアリン酸グリセリル(SE)・加水分解卵殻膜・ステアリン酸グリセリル・ステアロイルグルタミン酸Na・ポリソルベート60・マイカ・水酸化K・(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10ー30))クロスポリマー・カルボマー・ステアリン酸ソルビタン・アオモジ果実油・ニオイテンジクアオイ油・レモングラス葉油・ローズマリー葉油・酸化チタン・ヒドロキシプロピルシクロデキストリン・含水シリカ・酸化鉄・ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル・酸化スズ・(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー・カルノシン・フランスカイガンショウ樹皮エキス・リン酸アスコルビルMg・加水分解ヒアルロン酸・DPG・イソステアリン酸・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液・水添レシチン・ビート根エキス・(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン・エーデルワイスカルス培養エキス・ダイズステロール・ハベルレアロドペンシス葉エキス・カラスムギ穀粒エキス・リンゴ果実培養細胞エキス・セラミド3・プルーン分解物・メチルグルコシドリン酸・セラミド2セラミド6Ⅱ・酵母エキス・トチャカエキス・加水分解エラスチン・炭酸水素Na・加水分解コラーゲン・(リシン/プロリン)銅・イソステアロイル加水分解コラーゲン・キサンタンガムクロスポリマー・コルクガシ樹皮エキス・サッカロミセスセレビシアエエキス・オリーブ葉エキス・キサンタンガム・水溶性プロテオグリカン・ローズマリー葉エキス・ヒドロキシエチルセルロース・プラセンタエキス水溶性コラーゲン・エチルヘキシルグリセリン・セルロースガム・レシチン・ヒアルロン酸Na・白金・金・フェノキシエタノール

不使用成分:
合成香料、着色料、旧表示指定成分、鉱物油、アルコール

 

当然ですが、このローションにも卵殻膜エキス(詳細は、こちらをご覧ください)が配合されています。

その他にも、ローションと同様、スクワラン、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、プロテオグリカン、プラセンタエキスといった保湿成分・美容成分がたくさん含まれています。

 

ローション・クリーム、使ってみた感想は?

私は、乾燥肌敏感肌持ちの40代後半の主婦です。

特に、今年の冬は、連日の乾燥続き。例年にないような乾燥日の毎日で、私のお肌は例年になくカサつきがひどく悲鳴をあげてました。

そこでたまたま知ったこのビューティーオープナーを、ライン使いしてみることに!

今回、別途注文したビューティーオープナー美容液をブースターとして使用し、美容液 -> ローション -> クリームの流れで使っていきます。

ビューティーオープナー美容液の口コミについては、こちらで詳しくレポートしていますが、少量でも伸びが良く、お肌にスーっと入っていきます。

次にローションを塗りますが、美容液のブースター効果で肌に浸透してくれることを願いつつ、500円硬貨大より少し多目の量をコットンに含ませ、滑らせるように顔全体になじませませていきました。

うーん、さすがブースター効果のお陰?ローションがいつもより早くスーっと入っていきます。乾いた土が水分を勢いよく吸収していくような感じで、ローションがグングンとお肌に吸い込まれていきます。

そして、クリームで蓋をしてあげます。クリームも伸びがよく、それ程ベタベタした感じがなくて保湿力を十分感じました。翌朝のお肌の状態が楽しみです!

さて、翌朝のお肌の状態ですが、洗顔後に鏡を見ながら指で肌を触り、ハリやしっとり感を確かめてみましたが、いつもよりハリがあり、ツルツル・しっとりしたお肌にちょっと感激!これなら、今日一日、しっとり感が持続できそうです。

開き気味の毛穴を引き締め(こちらは少し時間がかかりそうですが)、お化粧のノリが良くなることも期待しながら、暫く使い続けてみます。

 

>> ビューティーオープナーの公式サイトへ <<

 

ローションとクリームのネット上の口コミは?

ここまで、私の「ビューティーオープナー」の口コミをご紹介してきましたが、もっと視野を拡げて客観的に評価してみることも大切ですよね。一人の体験や感想では、まだまだ、説得力に欠けます。

そこで、ネット上の口コミをチェックしてみました。ネット上には、「良かったという口コミ」だけでなく、「あまり良くなかったという口コミ」も当然あるので、両方の口コミを掲載しています。

是非、参考にしてみてください。

ご注意)下記の口コミ・体験は、個人的な感想を述べたものであり、内容を保証するものではありません。予めご了承願います。

 

良かったという口コミ

ニオイや使用感・テクスチャーは?

心持ちトロミのある透明がかった黄色の化粧水です。(ローション、30代後半)

ビューティーオープナー美容液の後にこのローションを使うと、ぐいぐい浸透していくのがわかります。(美容液、ローション、40代前半)

クリームは、塗ったときは少しベトベトしますが、時間が経つにつれスベスベ・もっちりとなります。(クリーム、30代前半)

ベタつかず程よくしっとりした使用感です。ハリも感じています。(クリーム、40代後半)

ローションはトロミを感じますが、塗ってみると以外にもサラッとしています。ローションの後に使うクリームもベタツキを感じません。(ローション、クリーム30代後半)

 

肌への効果など

2ヶ月ほど使い続けていますが、ハリたるみに効果のあるローションだと思いました。(ローション、30代後半)

美容液と一緒に使うと、いつもと浸透力が違うのを感じました。次の日は一日お肌がしっとりしています。(美容液、ローション、40代前半)

乾燥肌のせいか小じわが酷かったのですが、使い続けていくごとにその小じわが目立たなくなってきたようです。(ローション、40代後半)

ローションを毎回たっぷり目に使っています。使い始めて1週間ほどですが、毛穴が引き締まってファンデのノリも良くなっています。(ローション、30代後半)

クリームに保湿力を感じました。(クリーム、30代後半)

乾燥しがちな肌もしっとり滑らか、潤いが続く感じですね。エイジング効果を期待できる商品だと思います。(クリーム、40代後半)

クリームを塗った後キメが整ったような感じで。翌朝はいつもよりツヤハリを感じます。(クリーム、50代前半)

ローションとクリームの両方を使い始めて1週間ほどが経過しますが、ハリが出てきたように思います。(ローション、クリーム、30代後半)

ローションとクリームの両方を使い続けて1ヶ月ほどが経過しますが、少しずつ毛穴が引き締まってきたような感じがします。(ローション、クリーム、30代後半)

ローションとクリームをセットで使っていますが、毛穴が引き締まってお化粧のノリもよくなりました。(ローション、クリーム、40代後半)

美容液 -> ローション -> クリームのライン使いです。もっちりしっとりハリも出てきたようです。(美容液、ローション、クリーム、40代後半)

ラインで使うと、ローションやクリームがどんどん肌に吸収されていくのが分かります。ファンデのムラがなくなりましたし、何よりもっちり肌がうれしいです。(美容液、ローション、クリーム、30代後半)

 

あまり良くなかったという口コミ

やっぱり、ニオイが苦手でした。(ローション、40代前半)

私の肌には合いませんでした。顔全体が痒くなってしまって…(ローション、40代前半)

毛穴が引き締まってきた感じがあったのですが、肌が痒くなって2回ほどで使うのを止めてしまいました。(クリーム、40代前半)

クリームは、美容液よりもちょっとニオイがきついように感じました。(クリーム、40代前半)

美容液->ローション->クリームとライン使いしていますが、毛穴には効果は見られませんでした。(美容液、ローション、クリーム、30代前半)

 

ネット上の口コミのまとめ

まず、ニオイに関しては、好き・嫌いがあるようです。
表現が難しいのですが、「ジンジャー(生姜)」「漢方のよう」という表現をする方もいれば、「柑橘系」「天然のエッセンシャルオイルのようなニオイ」という表現も。

ニオイに敏感な方の中には、このニオイがダメで使用を断念した方もおられるようです。

実際、私自身もニオイに注意して使ってみましたが、ローションもクリームも付けたときはニオイがします。でも暫くすると、感じなくなっていました。

こればかりは個人差なので、正直、使ってみないとわからないとしか言いようがありません。

お肌の乾燥に対する保湿力に関しては、私自身も経験しましたが、翌朝、もっちり・しっとりを感じました。

ただ、乾燥による小ジワ毛穴に対しては、使い続けてみる必要があるので、少なくとも2~3ヶ月様子を見る必要がありそうです。

これに関しても、効果あり・なしや継続の使用期間については個人差があります。

 

>> ビューティーオープナーの公式サイトへ <<

 

ローションとクリームのおすすめの購入先は?

公式サイトでは?

まず、通常価格(税抜)についてですが、
ビューティーオープナー ローション(150mL):5,000円
ビューティーオープナー クリーム(32g):7,000円

と、ちょっとお高くなっています。でも、諦めないでくださいね!

公式サイトには、定期コースにはなりますが、とってもお買い得な価格が用意されています。

1. ビューティーオープナー ローション(150mL)の場合
初回:1,875円(税抜)
2回目以降:3,750円(税抜)

2. ビューティーオープナー クリーム(32g)の場合
初回:2,625円(税抜)
2回目以降:5,250円(税抜)

3. ローション(150mL)とクリーム(32g)のセットの場合
特典:美容液6包(3日分)付き
初回:4,500円(税抜、送料無料)
2回目以降:9,000円(税抜、送料無料)

上記いずれの定期コースにも、定期継続回数の縛りはありませんので、いつでもおやすみ可能となっています。

 

>> ビューティーオープナーの公式サイトへ <<

 

amazonでは?

amazonの画面で「ビューティーオープナー ローション」と「ビューティーオープナー クリーム」を検索してみましたが、↓↓↓のように取り扱いはありませんでした。(2019年2月現在)

 

楽天では?

では、楽天市場ではどうでしょうか?

同様に、楽天の検索画面で「ビューティーオープナー ローション」と「ビューティーオープナー クリーム」を検索してみると、

のように、通常価格による販売でした。

 

公式サイト経由がおすすめ!

やはり、amazon・楽天より公式サイト経由で購入するのが、一番お得なようです!

公式サイトには、定期コースにはなりますが、とってもお買い得な価格が用意されています。

1. ビューティーオープナー ローション(150mL)の場合
初回:1,875円(税抜)
2回目以降:3,750円(税抜)

2. ビューティーオープナー クリーム(32g)の場合
初回:2,625円(税抜)
2回目以降:5,250円(税抜)

3. ローション(150mL)とクリーム(32g)のセットの場合
特典:美容液6包(3日分)付き
初回:4,500円(税抜、送料無料)
2回目以降:9,000円(税抜、送料無料)

上記いずれの定期コースにも、定期継続回数の縛りはありませんので、いつでもおやすみ可能です。

 

>> ビューティーオープナーの公式サイトへ <<