シミやくすみはなぜできる?シミの種類と原因・予防について

透き通るような白い肌にあこがれを持つ人は多いですが、そんな美容に気を付けている方にとって天敵とも言えるのが、お肌にできる「シミ」です。

スキンケアには気を付けているはずなのに、いつのまにかできてしまうシミには困ってしまい、どうしたら良いのか分からず、途方にくれている方もみえるかと思います。

ここでは、そんなシミのできるメカニズムや原因、対処法についてご説明していきますね。

 

そもそもシミはなぜできるの?その原因とメカニズムとは

シミとは、お肌のメラニンが沈着してできるものです。

くすみも同じメカニズムでできるものですが、シミが局所的に生じる色素沈着に対し、くすみは広範囲が黒ずんで、お肌にハリツヤのない状態です。

メラニンは、紫外線を浴びた際にお肌を保護するために表皮の一番下の層にある「メラノサイト」で生成される色素です。

シミの発生メカニズム

1.紫外線を浴びる
紫外線が肌に当たると、その刺激から肌を守ろうとしてエンドセリンなどの活性酸素が発生します。

 

2.メラニン生成の指令
エンドセリンなどがメラノサイトに届くと、「メラニンを作れ」という指令を送ります。メラノサイト内にあるチロシナーゼという酸素酵素が働いてメラニンを生成します。

 

3.メラニンを表面に運ぶ
メラニン色素は、表皮細胞へと徐々に受け送られ、ターンオーバーとともに角質層へと上がっていきます。

 

4.メラニンが目立つようになる
肌表面が黒色メラニンによりシミとなって見えるようになります。

 

シミが残るのは?

加齢により、ターンオーバー(細胞の生まれ変わりの周期)が長くなっていくと、排出しきれなかったメラニンが肌内部に蓄積されシミとなって残ってしまいます。

また、シミが出来てしまった部位は、更にターンオーバーが長くなってしまうことも。
つまり、一旦シミが出来てしまうと、そこからシミが広がり、さらに濃くなっていく可能性もあります。つまり、シミがシミを呼んでしまうという負の連鎖を引き起こしてしまうことも。

 

シミの原因とは?

シミの原因として主に考えられている事は、以下のとおりです。

◆ 日焼けによるメラニン生成

先にご紹介したように、そもそもシミは、紫外線からお肌を守るために生成されるメラニンが沈着したものです。

紫外線に過剰に当たってしまうと、炎症が起きてしまったり、メラニンが多くつくられてしまったりしてターンオーバーがうまくいかず、排出できなかったメラニンが沈着してしまう原因となります。

 

◆ 皮膚のダメージ

洗顔の際に皮膚が擦れるようにゴシゴシと洗ってしまったり、タオルで力を入れて拭いてしまったりすると、皮膚がダメージを受け皮膚を守るためにメラニンがつくられ、シミになってしまいます。

 

◆ ビタミン・ミネラルが不足している

手軽に食べられるハンバーガーやパンなどのファストフードをよく食べるという方は、お砂糖や油などをたくさん摂取して「活性酸素」が体内で発生しやすくなります。

活性酸素が発生すると、体内でそれを除去するためにビタミンやミネラルなどの栄養が失われてしまい、お肌の代謝に必要な栄養が足りなくなり、シミができてしまう原因となります。

 

◆ スキンケアがきちんとできていない

夜、化粧を落とす際にきちんと落せていないとお肌に残ってしまい、負担がかかってシミの原因となります。

また、洗顔後のスキンケアで保湿や美白ケアなど、紫外線や乾燥によるダメージをケアしていないと、より肌ストレスがたまり、シミができやすくなってしまいます。

 

シミにはどんな種類があるの?

シミは、見かけ上は薄い茶色や褐色の色素がお肌の表面にあらわれるものですが、その種類や原因はさまざまです。シミには、代表的のものに以下の4種類があります。

日光黒子

シミに悩んでいる女性のうち、多くのシミがこの日光黒子です。色は淡褐色~濃褐色で、紫外線によって増えてしまうと言われています。

別名を老人性色素斑やスポット斑とも言い、顔だけではなく腕や手の甲、肩などの日光に当たりやすい部位に多くみられます。
若いうちはあまり見られませんが、30~40代以降になると増えやすいシミです。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着は、やけどやケガ、にきびなどによってお肌に炎症が起きてしまった後にあらわれるシミです。

顔や場所、年齢には関係なく、やけどやかぶれなどで皮膚が炎症を起こすことでできてしまいますが、放っておけば徐々に薄くなるケースが多く、たいていは一時的なシミです。

雀卵斑(そばかす)

雀卵斑とは、遺伝性の強いシミで、顔の頬や鼻の周りなどに多くできます。ポツポツとした点のような、茶褐色の小さな斑が多数生じるのが特徴で、3歳前後から見られるようになり、思春期に最も目立ちやすくなるのが一般的です。

遺伝性なので、家族や兄弟にそばかすが見られる人は出やすいと言えます。

肝斑

肝斑とは、ホルモンバランスや紫外線などの影響で生じる、女性特有のシミです。

頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴で、色は薄い褐色でやや大きく、妊娠、経口避妊薬などの影響で悪化したり誘発されたりすることがあると言われています。よく見られるのは中年(30~40歳代)の女性で、左右対称で目の周りを避けた形で生じていれば肝斑である可能性が高いです。

このシミは、レーザー治療をすると悪化する場合もあるため注意が必要です。

 

シミを予防するための効果的な対策5つ!

シミを予防するためには、シミが出来る原因を取り除いたり、美白に有効な成分を取り入れたりすることが大切ですので、シミ予防に効果的な方法を5つご紹介いたします。

紫外線対策を行う

まず気を付けたいのが紫外線対策です。

外出する際は、年中通して日焼け止めを塗ることで紫外線からお肌を守ることができます。

SPF50、PA+++などの強力な日焼け止めが流行していますが、肌荒れの原因になりますので、少し出かける程度であればSPF10、PA+程度で十分です。(SPF50、PA+++はビーチで水着のまま日光浴をするなど、レジャー向きです)

また、日傘や帽子なども塗らない日焼け止めとして、お肌が弱い方でもすぐに試せるので、日焼け止めが苦手な方にもおすすめです。

美白スキンケアを行う

美白を目指す人に欠かせないのが、シミ取り用のスキンケア用品です。

美白用のスキンケアには、紫外線が当たってしまった際にシミにならないようメラニンの生成を抑制するものや、できたメラニンを目立たなくしてくれる成分を含むものなど、悩みに合わせて様々なスキンケア用品があります。

シミ予防や改善を真剣に考えるなら、美白化粧品を利用するのが鉄則です。

食生活を改善する

食生活を改善することで、シミ予防につながります。シミ予防に効果的な成分として、

○ビタミンC…シミの元になるメラニン生成を抑え、できてしまったメラニンを目立たなくする
○ポリフェノール…抗酸化作用が強く、シミの原因となる活性酸素を抑制
○ビタミンE…メラニン生成を抑制し、シミを予防

などが有名です。ビタミンCは野菜やくだものに多く、ポリフェノールが多く含まれるものに、コーヒーやチョコレート、赤ワインやりんごの皮などがあります。また、ビタミンEはアーモンド、ゴマ、うなぎ、カボチャなどに含まれています。

普段から意識して取り入れれば、体の中から美白に導くことができます。

体調管理をしっかりする

ストレスや寝不足などでホルモンバランスが崩れたり、代謝が悪くなったりすると、ターンオーバーがうまくいかずシミができる原因になってしまいます。

一般的には、22時~2時にかけての4時間がお肌のゴールデンタイムと言われており、この時間に睡眠をとることで代謝が良くなり、お肌のダメージを修復されやすくなります。

日焼けでピリピリしたときは患部を冷やす

炎天下の下でレジャーを楽しんだ後など、急激に日焼けをするとピリピリとしてしまうことがあります。

これは、紫外線によって軽いやけどを負った状態で、放っておくとシミだけでなく、炎症がひどくなってしまうこともあります。

日焼けをしすぎてしまったときは、患部を保冷材などでしっかりと冷やし、炎症を抑えましょう。

 

まとめ

美白を目指すには、シミの予防を日ごろから気を付けて行うことが大切です。

一度できてしまったシミはなかなか消すのが難しいということもありますので、できる前に紫外線対策やスキンケアで、シミを作らないようお肌の手入れをしましょう。