シミ対策で美肌になろう!効果的な対策3選

美肌を保つためには様々な方法がありますが、その中でも美肌を目指す女性が避けて通れないのがシミ対策です。

いくらツヤツヤとしてふっくらとハリのあるお肌でも、シミだらけでは美肌とは言えませんよね。

今回は、そんな美肌のための効果的なシミ対策をいくつかご紹介いたします。

 

なぜシミができてしまうの?その原因とは

シミ対策の前に、シミができてしまう原因を簡単にご説明しましょう。

そもそもシミとは、お肌を保護するために生成されるメラニンが、ターンオーバーがうまくいかずに色素沈着してしまうことを指します。

通常メラニンは、新陳代謝が正常に行われていれば古い角質が剥がれ落ちていくため、シミとしてお肌に残ることはありません。

しかし、以下の原因によってお肌が正常な状態に保たれず、シミができてしまうことがあります。

○過度な日焼け
○皮膚のダメージ
○食生活・生活習慣の乱れ
○間違ったスキンケア

シミ対策はこれらの原因を取り除き、よりお肌を正常な状態に近づけることが大切です。

 

本気で美肌を目指す!おすすめのシミ対策3つ

美肌を目指すためには、シミができないようにお肌を改善するほか、シミ対策として美白ケアを取り入れることが大切です。

ここでは、本気の美肌ケアのためのおすすめシミ対策を3つ厳選してご紹介いたします。

 

日焼け対策(紫外線対策)を行う

太陽の光が降り注ぎ露出も多い季節になってくると、紫外線が気になりますよね。美しい素肌を守るためには、紫外線対策は欠かせません。

しかし、日光が明るく出ている日にしっかり紫外線対策を行っていても、「曇りの日はあまり紫外線を気にせず素肌をさらしてしまっている…」ということはありませんか?

ここでは、紫外線のダメージから素肌を守るための予防策と、紫外線に素肌をさらしてしまった場合のアフターケアの方法をご紹介します。

 

紫外線はなぜお肌に悪いの?

紫外線はお肌に悪い、日焼けをしてしまう、という事は既に多くの方がご存知だと思います。

ですが、具体的に紫外線がどういった影響を素肌に与え、なぜ当たりすぎると良くないのかまでは、なかなか知る機会が無いと思います。

紫外線には、地表に届く波長が2種類あります。

1.UV-A  UV-Aは、次に説明するUV-Bほどの強力な作用はありませんが、表皮よりさらに奥の「基底層」や「真皮」と呼ばれる部位まで到達してしまい、メラニンの合成を促進したり、真皮のコラーゲンなどを傷つけたりして、シミやしわを増やしてしまいます。

2.UV-B UV-Bは、簡単に言うとヒリヒリする日焼けの原因となる紫外線で、お肌に炎症を起こさせ、シミを作ってしまう作用があります。

この紫外線は、素肌の表皮までしか影響はありませんが、当たりすぎると赤く炎症を起こしたり、軽いやけどのような状態になったり、最悪の場合皮膚がんの原因となる場合もあります。

この2種類の紫外線に強く当たりすぎてしまうと、素肌に大きな影響が出てしまいますので、紫外線対策は大切だと言われています。

 

紫外線ダメージから素肌を守るためには?

紫外線によるダメージから素肌を守るためには、以下の対策がおすすめです。

■ 日焼け止めクリームを正しく使用する

紫外線対策として最も行われているのが「日焼け止め」ではないでしょうか。

塗るだけで紫外線から素肌を守ってくれる日焼け止めですが、実は使い方によっては、かえってお肌に悪影響を与えてしまうこともあります。

日焼け止めに書かれている「SPF」や「PA」という表示は、紫外線に対する防御率を示しており、この数値が高ければ高いほど紫外線対策としては優秀と考えている方がいますが、それは間違いです。

SPFは、UV-B波に対して日焼けを防止する「時間」を示しています。

1SPFあたり20分といわれており、例えば、SPF50と書かれていた場合、50SPF×20分/SPF=1000分 つまり、約16時間以上も紫外線に当たる場合に有効という事ですね。

PAは、UV-A派に対しての防御率を示しており、+の数が多いほどUV-Aから素肌を守る力が強いという事です。

ここまでの説明で、SPFやPAが高ければ高いほど、簡単に素肌をしっかり守れて良いと感じたかもしれませんが、日焼け止めの効果が高ければ高いほどお肌に負担がかかってしまうことが多いため、一概にいいとは言えません。

大切なのは、「使用シーン」に応じて日焼け止めを選択することです。
日常的な買い物や散歩程度でしたら、SPF15~20、PA+またはPA++程度で十分と言えます。

逆に、SPF50、PA+++またはPA++++が必要なのは、炎天下で素肌をさらすマリンスポーツを行うときなどで、日常生活程度で強い日焼け止めを使用すると、肌荒れや乾燥の原因となります。

 

■ お肌を乾燥させない

意外かもしれませんが、紫外線対策として有効なのが「保湿です。

乾燥した素肌に紫外線が当たってしまうと、潤っている素肌に比べ、水分のバリアが無い分ダメージを直接受けやすくなってしまいます。

毎日のスキンケアに気を付け、しっとりと潤いのあるお肌を保つことで、紫外線による肌ダメージを軽減することができます。

メラニンの生成を抑制してくれる、「アルブチン」や「ビタミンC誘導体」、「ハイドロキノン」などを含む美白化粧品を使うと、より紫外線対策として効果的です。

 

■ 帽子や日傘など服装に気を付ける

日焼け止めが苦手という方や、ちょっとでかけるだけなのに使うことがめんどくさいという方におすすめなのが、「日傘」です。

紫外線カット効果の高い日傘を使えば、日焼け止めを塗らなくても簡単に紫外線対策ができますので、日傘や帽子、アームカバーなどで素肌が紫外線にさらされないようにしましょう。

参考記事:
日焼け止めの選び方とは?正しい選び方をご紹介!

 

紫外線に当たってしまった後はどうしたらいいの?

紫外線対策をしっかりとしていても、どうしても素肌が紫外線に当たってしまうことはありますよね。

ここでは、紫外線に当たってしまった時の対処法をいくつかご紹介いたしますね!

■ ヒリヒリするときは、幹部を冷やす!

ヒリヒリするほど紫外線に当たってしまった場合には、炎症を抑えるために、保冷材や氷枕をタオルで包んだものなどでヒリヒリする部位を冷やしましょう。

放っておくとそのまま治りづらくなってしまいますが、少しでも早く冷やせばその分治りが早くなります。(ただし、冷やしすぎもいけませんので、様子を見ながら行ってくださいね)

 

日焼け対策まとめ

紫外線のダメージは外に出れば必ず受けてしまうもので、どれだけ気を付けていてもなかなかすべてを防ぐことはできません。

素肌を紫外線のダメージから守りたいときは、外に出る際の日焼け止めなどの紫外線ケアも非常に重要ですが、毎日の食事やスキンケア欠かさずに体の外側だけではなく、内側からもケアしていきましょうね。

今回ご紹介した対策をぜひ取り入れて、紫外線に負けない美しい素肌を手に入れてくださいね。

 

毎日の食事で、内側から美白ケアをする

美白を目指して、日々、スキンケアや紫外線対策を徹底している方にとって見逃せないのが、「内側からの美白」の効果です。

毎日、お肌に合った美白化粧品を使って紫外線ケアもしっかりしているのに、なかなか美白を実感できない、と悩んでいる方も少なくないと思います。

美白は、外側からのアプローチももちろん大切ですが、体の内側からのケアを怠っていては、せっかくの美白ケアも効果が十分に得られません。

そこで今回は、美白に効果的な食べ物と、美白をめざすなら摂取を気を付けたい食べ物を、栄養素別にご紹介いたします。

 

 

美白には食生活が重要って本当?

美白には食生活が大きく関わっており、透明感のある美しいお肌を手に入れるためには、栄養をしっかり摂ることは欠かせません。

ビタミンミネラルなどの栄養素が足りていないと、新陳代謝が悪くなりターンオーバーが正常にいかず、メラニンが色素沈着しやすくなり、お肌が受けたダメージに対して無防備になってしまいます。

食事からビタミンなどの抗酸化物質をしっかりと摂取すれば、紫外線などのダメージからお肌の酸化を防いで美肌へと導いてくれますので、今まで気を使っていなかったという方は、これから食事にも気を使うことで、さらに美白ケアの効果を実感しやすくなりますよ!

 

どんな食べ物や栄養素が美白に効果的なの?

美白に効果的な食べ物は様々ですが、ここでは美白に効果的な栄養素と、その栄養素が豊富に含まれている食べ物をいくつかご紹介いたします。

ビタミンC

ビタミンCは、美白ケアには欠かせない栄養素で、美白化粧品にもビタミンC誘導体という形で配合されているのをよく見かけます。

ビタミンCは、シミのもとであるメラニンの生成を抑制し、さらにできてしまったメラニンを還元して無色にするという効果もありますので、シミ対策にはぴったりの栄養素です。

また、ビタミンCは抗酸化作用もありますので、紫外線によってお肌がダメージを受けて酸化するのを防いでくれます。

ビタミンCが多く含まれている食べ物は、レモン、ミカン、グレープフルーツ、キウイ、イチゴ、ホウレンソウ、ブロッコリー、アセロラなどです。

 

ビタミンE

ビタミンEは、抗酸化作用が高く、活性酸素がお肌や細胞を攻撃するのを抑え、肌ダメージによるシミの増加からお肌を守ってくれます。

それだけではなく、新陳代謝を促進してターンオーバーが正常にいくようにサポートしてくれる、美白効果だけではなく美容に気を使っている女性にはうれしい成分です。

ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類、ゴマ、キウイ、ウナギ、イクラなどに含まれておりますので、毎日少しずつ摂取するように心がけましょう。

 

ビタミンB群

ビタミンB群は、代謝やお肌の健康にとって大切な栄養素で、特にビタミンB2、ビタミンB6は美白を目指す女性にとって注目の栄養素です。

ビタミンB群が足りなくなってしまうと、ニキビや肌荒れが多くなり、新陳代謝がうまくいかなくなってしまうことがあります。

お肌が荒れて炎症が起きると、刺激によってメラニンが過剰に生成される原因になりますので、ビタミンB群を食品から取り入れることは美容にとても大切です。

ビタミンB群を多く含む食品には、豚肉や納豆、ウナギ、ヨーグルト、ニンニク、サンマ、マグロ、玄米、大豆などのたんぱく質が多いため、ビタミンCやビタミンEとあわせ、野菜やたんぱく質をバランスよく摂ることが美白に効果的と言えます。

 

リコピン

リコピンは、今注目されている美容にとても良い成分です。
具体的には、リコピンはメラニンの生成を抑制し、シミができる前に予防してくれるほか、強力な抗酸化作用もあるため、紫外線などのダメージからお肌を守ってくれます

リコピンを多く含む食品は、代表的なものにトマトがありますが、そのほかにもスイカピンクグレープフルーツなどの「赤い」フルーツにも含まれています。

 

美白を目指すうえで食べないほうがいいものはあるの?

美白を目指すうえで、ビタミンなどをたくさん摂取した方がいいということはよく言われますが、これは食べないほうがいいという食品は、なかなか紹介されません。

ここでは、シミやくすみを悪化してしまう可能性のある成分や、それらが含まれる食品をご紹介いたします。

ソラレン

ソラレンを摂取すると、紫外線によってお肌がより反応しやすくなってしまい、メラニンの生成を促進します。

同じ量の紫外線を受けていても、ソラレンを摂取した状態ではそうでない状態に比べシミができてしまう可能性が高いということですね。

ソラレンは、レモンやグループフルーツキュウリセロリなどに含まれています。ビタミンCを同時に多く含んでいる食品もあるため、美白効果を得たい場合には、そのような食品は夜に食べることが好ましいといえます。

 

砂糖や過剰な油分

砂糖油分を過剰に摂ってしまうと、消化するのに大量の酵素が消費されてしまうほか、活性酸素が体内で生成される原因となります。

これらを多く含むお菓子ジャンクフードなどは、なるべく摂取を控えて過剰に摂りすぎないように心がけましょう。

 

カフェイン

カフェインを大量に摂取すると、お肌に存在するメラニンを拡散し、色素沈着を促進してしまいます。
つまり、カフェインを摂りすぎるとシミが多くなってしまうこともあるということですね。

また、夜に摂取すると、興奮作用のせいで質の良い睡眠がとれないこともあり、睡眠不足が続くと代謝が落ちてお肌のターンオーバーもうまくいかなくなりますので、カフェインは時間帯に気を付け、かつ摂取しすぎないようにしましょう。

カフェインが多く含まれるものとしては、緑茶コーヒーウーロン茶チョコレートココアなどです。

カフェイン以外の成分(ポリフェノールなど)が美容に良いものもありますので、摂りすぎないようにうまくバランスをとって取り入れることが理想的です。

 

まとめ

何気なく食べている食べ物ですが、少し気を付けるだけで美白ケアにつながることも、逆に知らず知らずのうちにお肌の状態を悪化させてしまうこともあります。

毎日、美白に効果的な食事を続けることが難しい場合は、サプリメントなどで補うことも一つの方法です。

毎日継続して行うことですので、美白だけではなく健康のためにも、ビタミンなど栄養素が豊富な食事を心がけてみてくださいね。

 

お肌に合ったスキンケア・美白ケアを行う

美肌のためには、シミ対策となる美白化粧品を使うことをおすすめします。

美白化粧品とは、一般的に美白成分を含んでいる化粧品を指し、そのなかでおすすめなのは、ビタミンC誘導体アルブチンハイドロキノンプラセンタなどの「効果がある」と認められている成分を含む美白化粧品です。

参考記事:
美白化粧品に含まれる代表的な美白成分4選

 

ここで注意したいのが、自分のお肌にきちんと合っているものを選んで使うということです。

いくら美白効果の高いものを使っても、お肌にあわないものを使ってしまうと肌トラブルを招き、間違ったスキンケアとなります。

美白化粧品は、試して納得のいくものを使用しましょう。

 

しかし、世の中にはシミ取りクリームがたくさんあって、選び方が分からないという方も多いと思います。

間違った化粧品選びをしてしまうと、美しくなるどころか、かえって肌トラブルの原因となってしまうかもしれませんので、シミ取りクリームの選び方には注意が必要です。

今回は、そんなシミ取りクリームの正しい選び方について、簡単に3ステップでご紹介いたします。

STEP1.まずは美白にしたいポイントを絞る!

美白化粧品には様々な種類がありますが、おすすめのタイプや成分は、どんなお肌の悩みを持っているかで当然異なります。

例えば、以下のようなお悩みポイントが考えられます。

  1. できてしまったシミやクスミを目立たなくしたい
  2. 今は大きなトラブルは抱えていないけれど、シミやくすみを予防したい

美白にこだわりを持っている方は、大きく分けるとこれら2つの目的のために美白化粧品を使用されているかと思います。あるいは、両方の悩みを持っている方もみえるかと思います。

ご自分がどんな悩みをもっているかがはっきりしたら、次はお悩み別おすすめ成分をチェックしましょう。

STEP2.お肌の悩みに応じた有効成分が入っているかをチェック

悩みの種類に応じて、ご紹介した成分がきちんと含まれている美白化粧品を候補に入れることが、美白化粧品の正しい選び方の重要なポイントです。

ここでは、STEP1でご紹介したお悩み別のおすすめ成分を簡単にご紹介いたしますね。

1.できてしまったシミやクスミを目立たなくしたい

いくら紫外線対策や美白に気を付けていても、どうしてもシミやクスミが出来てしまうという事はあります。そんな時におすすめなのが、ハイドロキノンビタミンC誘導体です。

これら2つの成分は、シミやクスミの予防にも効果があるとご紹介いたしましたが、実は、できてしまったメラニンを還元して目立たなくするという働きもしてくれる優れた成分なのです。

シミやクスミに悩んでいる方は、この2つの成分が入っているものを積極的に選ぶことで、予防も一緒にできるのでオススメです。

2.シミやクスミの予防がしたい

シミやクスミを予防したい方に有効なのが、ビタミンC誘導体アルブチンプラセンタエキスハイドロキノンなどです。

これらは、美白化粧品にはよく配合されている成分ですが、簡単に言うと、シミやクスミの基になる色素を作られないように働いてくれます。

具体的には、メラニンがメラノサイトで生成されるのを防ぎ、シミやクスミを予防する効果があるという事ですね。

美白成分についてもっと詳しく知りたいという方は、こちらをご覧ください。

STEP3.きちんと「試して」自分のお肌に合ったものを

自分の悩みに効果的な美白成分が入っている化粧品をせっかく選んで購入しても、有効成分以外に含まれているものがお肌に合わずに、トラブルを招いてしまう可能性もあります。

そこで、美白化粧品を選ぶ際に注意したいのが、まずはきちんと「試して」みて、自分のお肌に合っていることを確認する、ということです。

成分だけを見て安易に決めてしまうのではなく、トライアルセットなどでお試しができるものは、きちんとお肌に合うかを確認してから購入しましょう。そうすることで、より自分のお肌にぴったりな美白化粧品を選ぶことができますよ。

美白化粧品の正しい選び方が分かっていれば、実際に毎日のスキンケアに使用したい化粧品選びに失敗することは少なくなります。

一言で美白化粧品と言っても、有効成分以外に「乾燥肌の人向け」や「さっぱりタイプの化粧品が好みの人向け」などの特徴が異なります。

今回ご紹介した美白化粧品の選び方をぜひ参考にして頂き、ぜひ自分のお肌に合ったシミ取りクリームを見つけてくださいね。

 

まとめ

美肌を目指すためには、シミ対策を行い、お肌や体の状態を健康に保つことが必要不可欠です。

今回ご紹介したシミ対策は、シミを防ぐために特に効果的なものを厳選したものばかりですので、毎日のケアにぜひ取り入れ、輝くような美肌を手に入れてください!